住宅ローン融資の基礎知識について

住宅ローンを使って住宅を購入することは人生において何度も経験することができない買い物になります。その中でも住宅ローンを選ぶことは大きな決断を伴うことから将来を左右するといえる人生のイベントになります。将来のライフプランの中では他に用意しておきたい大きな資金として教育資金や老後資金といったものがあり、これらは人生の3大資金といわれています。

このように大きな資金が必要な場面は、住宅取得時だけではないことから、将来を計画的に考えるためには慎重に住宅選びや住宅ローンを選択していくことが大切になります。無利息ではない長期の住宅ローンを組む場合、生活費だけでなく教育費や急に起こる支出がある場合も考えられます。将来の所得とともに、ライフサイクルを予測した返済計画を立てることが大切です。私の兄弟の場合は、いくら借りれるかということよりもいくらなら返せるかを選ぶ際の基準においていました。その際、今の経済状況を考えて、毎年のベースアップやボーナスの増加などを前提としないこと、離職や収入の減少、扶養家族の増加などもあわせて検討しておくことが良いということでした。

また固定資産税や保険料の必要性や住宅を修繕するための費用を見込んで計画しておくことが大切になります。


融資の審査期間には通常約1カ月ほどかかります。待ちに待った審査結果がでても、万が一審査に落ちてしまった場合には、計画が一気に狂うことがあります。そのため融資の通過の可能性を高めておくためにも住宅ローンは複数の銀行に申込をすることが重要になります。審査の基準は各銀行によって異なっていますし、自分に合いそうな住宅ローンを見つけるためにも複数の銀行へ申込をすることは有効な対策になります。

私の兄弟の場合、慎重を期して3行の銀行に申込をしていました。また、銀行によって取り扱っている商品は無利息なものも含めてそれぞれの独自色が強く表れているので比較検討することは大切です。ほとんどの銀行では2段階の審査の形式をとっています。申込を行うと仮審査が行われます。約1週間ほどで審査を終えてOKが出ると次に本審査が始まります。こちらでは約3週間ほどかかるので全体で1カ月ほどを予め見込んでおくことが必要です。いくつかの銀行の商品を比較することも大切です。無利息で借りられる住宅ローンでは、預金と連動させることで金利のかからない無利息の商品を実現しています。これは利用者には無利息のメリットがあり、銀行側でも預金と連動して無利息を可実現してメイン銀行にもなりえるので、魅力的な商品です。

メニュー
住宅ローンの融資
返済方法
無利息
注意点
利用する方法
基礎知識
利息
アコム
公的融資
比較
主婦キャッシングなら
無利息キャッシングなら