リボ払いによる住宅ローンへの影響について

皆さんのうちのほとんどは、キャッシングや住宅ローンの融資というものに無関係ではないのではないかと思います。というのも、住宅というのは生きてゆくために最小限必要なものでありその際一括で住宅の代金を支払うことのできる人というのはほとんどいないためにその融資を受けるということになるからです。

もちろん、賃貸で過ごしていくという選択をされた方もほとんどの方は住宅ローンについて考えたことがあるのではないかと思います。さて、その際リボ払いのローンがあると住宅ローンに何か影響を与えるというようなことを耳にしたことはありませんでしょうか。結論から言えば、これは確かに正しいのです。しかしながら、借金をしているということ自体が悪いということではありません。

ではどういうことであるのかといえば、審査に通過することで住宅ローンの融資を受けることができる場合にその借り入れ可能な金額の合計に影響が生じてしまう、つまり本来借りることのできる金額よりも少ない金額しか借りることができなくなってしまうということです。では、なぜリボ払いの残高があるとこのような影響が生じてしまうのでしょうか。それについてここから詳しく説明していきたいと思います。


まず、住宅ローンの借り入れ可能金額というのは年収に30パーセントなどの一定の割合をかけた額を一年間の上限の返済可能額とみなし、それをもとに何年ローンを組むかによって決定されます。その際、リボ払いの残高があった際にこれも借金であるとみなされることで、本来の返済可能額からこのリボ払いによって生じている返済額が引かれてしまう、すなわち返済可能額がリボ払いをしているという事実によって過小評価されてしまうのです。これは全体の融資可能額に影響を及ぼします。つまり、リボ払いというある種の借金をしていることによる信用度がどうであるといった問題ではなく、借金をしているという事実そのものが問題視されるのです。

そのため、住宅ローンの融資を申請をこれから検討されている方はこのリボ払いも含めたあらゆる借金がないような状態にしてから行くということをお勧めます。このことによって上記に書いたような心配は生まれないばかりかさらなるメリットもあるからです。というのも、それらがないために毎月の返済額に余裕が生まれた場合、返済への信用度が高いとみなされてローン金利を割り引いてくれる場合があるからです。このためリボ払いによる住宅ローン金利の影響についてきちんと考慮したうえで融資を受けることをお勧めします。

メニュー
住宅ローンの融資
返済方法
無利息
注意点
利用する方法
基礎知識
利息
アコム
公的融資
比較
主婦キャッシングなら
無利息キャッシングなら